一般社団法人 地域社会継続研究所 Community Emergency Management Institute Japan (CEMIJ) 

一般社団法人 地域社会継続研究所は、2012年12月に登記、新設された公益を目的とする団体です。災害に強いまちづくりのために、内外で災害対応に関する研究や実践活動を行います。特に、市民と大学や行政との協力、また、地域における共助を通じた災害対応について、今後提案やアイディアを国際協力活動などを通じて広く普及します。海外のパートナー団体や支部とネットワークし、世界の英知を共有します。本ブログはCEMIJ活動を広報するものです。 事務局:375-0012 群馬県藤岡市下戸塚374-1 代表理事 中山 友紀(090-1790-1841)emergency_management360@cemij.org    / communityemergencymanagement@gmail.com

2013年05月

北カリフォルニア州公安機動災害対策本部運用展示大会

今年も、北カリフォルニア州公安機動災害対策本部運用展示大会が、カリフォルニア州緊急事態管理庁(Cal EMA)、カリフォルニア州消防長協会、911マガジンの主催により、5月8日、州都のサクラメント市で開催されました。今般は、残念ながら現地からの参加の要請と東日本大震災における教訓などを発表する講座での講師依頼がありましたが、メンバーの他の優先されないといけない業務のため、渡米することができませんでした。私たちからは、代替としてポスターと小論文を提出し、ポスターセッションによる展示を行いました。

この大会は、市町村レベル(日本)におけるより良い災害対応のために、さまざまな活用の可能性を秘めるアイディアや方法論を提供してくれるもので、昨年から主催者機関と連携をし、日本の災害経験を現地にて公安関係者とシェアしてきました。

現地主催者からの報告が到着次第、報告します。

(以下主催機関の広報資料を掲載: 大会開催の経緯)

History of the California MCC Rally

The California Mobile Command Center (MCC) Rally was inaugurated in 2009 at the suggestion of the California Fire Chiefs Association (CFCA), Communications Section. Inspired by a series of annual MCC (sometimes called MCVs for Mobile Command Vehicles) Rallies that had been initiated in Fairfax County, Virginia in 2004, the California Rally was founded by Randall D. Larson, a field communications trainer for CFCA and the San Jose Fire Dept. (SJFD). Larson had been involved in developing two command/communications vehicles for the San Jose Fire Department and had explored MCCs as a writer for homeland security trade magazines (Larson has also served as editor of 9-1-1 Magazine since 1995). Larson felt the kind of event that Fairfax County had spearheaded would have a significant benefit for the west coast. CFCA’s Executive Board agreed, and with the support of the California Emergency Management Agency (Cal EMA; then the Governor’s Office of Emergency Services), we held our first MCC Rally in May of 2009, attracting 20 state-of-the-art mobile command and communications vehicles and trailers on display from law, fire, local government, regional, private, and state agencies.

The goal of the MCC Rally is, firstly, to bring a variety of such units to one place so that personnel throughout the region can see what resources are available in their given area, get to know each other, and understand how to partner with their allied agency and private sector responders so that during a real disaster or emergency they can best integrate each other’s capabilities to maximize command, control, and communications in support of the response. Additionally, by learning from the experiences of others in designing, deploying, and operating modern MCCs, attendees come away with inspired ideas that can be used to modify their own MCC operations or designs.


The success of the inaugural Rally prompted planning for a second Rally in 2010. Once again held at the Northern California Regional Public Safety Training Center in Sacramento, the second annual California MCC Rally brought an even more diverse array of mobile communications resources, and was enhanced by a concurrent series of relevant classes running throughout the day.

The second Rally also attracted more involvement from the private sector and vendor community, recognizing that true disaster management will require the close cooperation and partnership of each of these sectors in addition to our own network of public safety hierarchies. Manufacturers of MCCs, suppliers of wireless and interoperability systems, and support companies were invited and brought out the latest and greatest tools and technology to whet the appetites of the attendees. In addition to public safety first responders of every discipline, allied support services such as the California Dept. of Transportation, EMS Authority, and Air Resources Board, and private sector leaders like Cisco, Raytheon, and Verizon Wireless displayed their command units, giving many of the response community a close look at what these necessary support organizations can bring to the planning and logistics tables of an incident scene.

The third annual Rally was held at the NASA Research Center at Moffett Field in Mountain View (CA) in conjunction with Carnegie Mellon University-Silicon Valley, whose second annual Disaster Management Initiative (DMI) was held concurrently with the MCC Rally. Taking place over two days, a crowd of more than 400 communications and disaster management professionals, amateurs, and volunteers from Humboldt to Los Angeles assembled to tour some twenty MCCs and attend more than 30 training sessions ranging from classroom presentations to hands-on, interactive exercises relevant to emergency and disaster management communications and interoperability. The notion of combining the vehicle display with an expanded cadre of provocative workshops and exercises was seen as a way of fulfilling our original goals for the Rally while giving CMU an added hands-on bonus with state-of-the-art vehicular technology.

With the CMU campus unavailable for our Rally’s time frame in 2012, CFCA and Cal-EMA returned to Sacramento to hold the 4th Annual MCC Rally at the future site of the California Fire & Rescue Training Authority Drill Grounds on May 31st. The event was also simplified to focus on display, demonstration, and interoperability capabilities of nearly 30 units from local, regional and state public safety, military resources, utilities, and the vendor community.
(出所 Source: Retrieved from the 911 Magazine at http://www.9-1-1magazine.com/CA-MCC-Rally-History).写真の転用はご遠慮願います。

本事業に関する担当メンバーメールアドレス: mendocino360@yahoo.co.jp

ドイツを訪問したメンバーからの報告:ドイツの救急隊

ドイツのブレーメンという市(ブレーメンの人口は約547,340人)を訪問しましたので、情報のシェアを目的に簡単に報告します。実際にドイツの救命士や看護師の方々から直接お話しを聞くことができ、緊急対応の大体の仕組みが分かりました。
 
今般訪問した救急隊を保有する病院は、心疾患、婦人科、小児科、外科の傷病者を受け入れ、特に心疾患を中心に扱っているもので、それぞれの病院で専門としている分野があるようです。救急隊も疾患別で搬送先を決めるとのことです。

ブレーメンでは、4つの組織によって救急隊とその救急システムが運営されいます。消防救急隊、ドイツ赤十字、Malteser、 ASBarbeiter-samariter-bund)がそれぞれ救急活動を実施している言えます。つまり、官民協働で現場での院外救命活動(プレホスピタルケア)が実施されているということになります。
 
救急管理セントラルセンターは、地域の救急隊活動を統括する機能があります。ブレーメンのセンターは、近隣にある町より規模は大きく、112(日本の119の相当)番通報を同センターが受け、傷病者に直近の救急隊へ出場指令を発出し、現場へ進行させます。救急隊には救命士さん2名が常務します。救命士さんのみで対応が困難である場合は、救命士さんがセンターに対しドクターカーを要請します。ドクターカーは医師1名、救命士1名で出動するとのことです。ドクターカーには、病院所属と消防署所属の2形態があるそうです。応援要請があった場合で消防署のドクターカーは、救命士さんがドクターを担当病院でピックアップし現場へ進行するそうです。

病院所属の救命士さんもそれぞれ決められた待機場所があり、要請があるまで待機しているとのことでした。看護師が救急隊員として常務することはないようです。救命士さんと看護師さんの役割は違い、途上国などで良く見かける看護師さんが救急隊員として活動することはなく、別の医療関係の資格と言えます。看護師は病院でのインホスピタルケアに係る業務を、そして救命士さんはあくまでもプレホスピタルケアを専任とする救急隊での活動が中心です。消防署所属の救命士さんは消防士としても兼務します。火災などの災害があれば、消防士としても、現場へ出動するとのことでした。
 
ブレーメンの出動件数は年間約65,000件(2011年)とのことでした。市内には、25台の救急車があり、どの救急車も外観は所属する組織によって違いますが、車両内部に装備されている資機材などは大枠同じでした。ドクターカーは、5台あるとのことです。ドクターカーの要請は、1日だいたい10~12件程度あるそうです。医療用の搬送ヘリコプターは2機。私が見学させていただいた病院に1機、空港に1機配置されていました。ヘリコプターは、ブレーメン地区に限らず、基地から半径50キロメートルまでをプライマリーの担当範囲としているそうです。ドクターヘリは、医師1名、救命士1名、操縦士1名の3名編成で運用されていました。
 
(写真の説明)
ドクターカーには、ドクター専用の薬剤が別途搭載されていることが一般の救急車との違いであり、他の一般救急隊と殆ど同等なる資機材を搭載しているようです。小型の冷蔵庫も設置されていました。救急車内は、広くスペースが確保されており、一見殆ど資器材が搭載されていないように見えますが、棚や冷蔵庫などが設置されており上手にその中に収納されている状態でした。固定用のバックボードや携帯用の救急セットなどは、救急車外からアクセスして取り出せる状態で収納されています。

私の個人的な雑感ですが、ドイツでは(ブレーメンの視察に限る)男性看護師・女性医師も比較的多く、医師も看護師も救命士も相互で「同僚」と呼び合うなど、各自がプロとして平等な立場で仕事ができる、和やかな環境もあった思います。外部者の私も、彼らの同僚として受け入れられ、12誘導のEKG操作やギプス作製の補助に入ったりと実習生のような不思議な立場を与えたら状況でした。それぞれが自分の責任ある仕事を担当していますが、チームとして動いていると感じました。(By:K)
IMG_2787














IMG_2785














IMG_2789

























IMG_2767

























ドクターカー

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ