一般社団法人 地域社会継続研究所 Community Emergency Management Institute Japan (CEMIJ) 

一般社団法人 地域社会継続研究所は、2012年12月に登記、新設された公益を目的とする団体です。災害に強いまちづくりのために、内外で災害対応に関する研究や実践活動を行います。特に、市民と大学や行政との協力、また、地域における共助を通じた災害対応について、今後提案やアイディアを国際協力活動などを通じて広く普及します。海外のパートナー団体や支部とネットワークし、世界の英知を共有します。本ブログはCEMIJ活動を広報するものです。 事務局:375-0012 群馬県藤岡市下戸塚374-1 代表理事 中山 友紀(090-1790-1841)emergency_management360@cemij.org    / communityemergencymanagement@gmail.com

2017年05月

Team from the Ministry of Social Affairs of Indonesian Government visited Japan社会省災害緊急救援局幹部の日本訪問

A command team of the Ministry of Social Affaris (MOSA) with emergency management responsibilities, headed by the Director visited Japan in April 2017.

The team traveled from Tokyo to Fukuoka by using land transportation. A command, control and communications vehicle of CEMIJ were mobilized together with the multi-purpose disaster response van for this land travel. 

The team assessed the highway emergency and disaster management facilities on the way to Yamaguchi province, which are called as service areas and parking areas in Japan that have disaster preparaedness programs in order to accommodate motorlists and near-by residents. The service aeras and parking aeras will become emergency shelters, logistical base and filed command post.

The team was also invited by the Iwakuni Emergency and Fire Management Center and Yamaguchi Emergency and Fire Academy where the team members had series of discussion regarding the methods used for command and control in Japan. A simulated emergency response demonstration was provided by the Iwakuni Fire Department.

Also, the team visited the University of East Asia and obaseveda paramedical program.

The team implemented remote command and control activities by using a CEMIJ's command vehicle to deal with real land slide disasters occurred in Indonesia during the visit in Japan.

インドネシア社会省災害緊急救援局の幹部視察チームが2017年4月に日本を訪問しました。CEMIJは同チームを受け入れ、日本の消防防災に関する施設や施策についての視察・ワークショッププログラムを実施しました。チームは、東京に到着後、CEMIJが準備した防災情報収集支援車両や会議などが行える車両2台を使用し、福岡まで陸路で移動するプログラムを実施しました。高速道路では、サービスエリアやパーキングエリアが災害時緊急対応の拠点となる施策や岩国市民防災消防センター(消防本部)では、消防部隊の指揮、現場活動管理について具体的な意見交換を持ち、山口県消防学校ではさまざまな災害のシミュレーションを可能とする訓練施設を視察し、社会省の今後の緊急対応施策に活かすことになりました。また、滞在中にインドネシアにて3つの自然災害が発生し、視察に参加していた災害緊急救援局の局長は、防災情報収集支援車を使用して日本からインドネシアの社会本省へコミュニケーションを行い、指示を出したなど視察から実践までこなされていました。

214233267276310322212335363205

Rapid Assessment Response to Ache Earthquake アチェ地震

The member of CEMIJ was dispatched to Indonesia and visited the earthquake impacted areas with the 4th response team sent by the Ministry of Social Affairs (MOSA) of Indonesia in December 2016.

The vistations included the field command post of the MOSA emergency releif operations, communities, which sustained structural damages, logisitical base under the government agencies and TAGANA (Emergency Social Relief and Preparedness teams of the MOSA) operations.

The assessment was conducted by MOSA officials with CEMIJ expert at sites, and its results will be integrated with the future TAGANA training as well as the MOSA's field emergency operations.

CEMIJの専門家が、2016年12月にインドネシア スマトラ島 アチェ州で発生した地震災害へ派遣されました。同専門家は、インドネシア社会省緊急災害救援局の第4派遣隊のメンバーとして、社会本省からアチェへ入りました。現地では、被害状況の把握や社会省が有する防災団チーム(メンバーは市民ボランティア:日本の消防団に類似)の緊急救援現場活動のアセスメントや社会省担当官が実施するコマンド&コントロール活動をサポートしました。同防災団の最大の特徴は、災害発生時社会省の要請に基づいて、12時間以内に国内で発生した災害現場へ部隊を投入する体制が実際にあることでしょう。

また、同団の主たる任務は、初動において地方行政が通常緊急対応全般の統括で多忙極まりない状況下、地方行政に代わって避難所の開設、運営、炊き出し(キッチンカーの運用)、緊急物資管理、分配、被災者の方々や被災地での子供さんの心のケアを専門的に実施します。日本では、地方行政や地域のボランティアなどに避難所の運営がさまざまな形で行われますが、行政側は多大な緊急対応統括業務にコミットする必要があるため、避難所運営を社会省直轄の防災団にゆだねているしくみが制度化されています。インドネシアでは、初動で避難所の運営を誰が行うか明確化されている点で、私たちも学ぶことが多くあります。

当地震災害にて社会省と実施したアセスメントの結果は、次期防災団訓練にて活用し、地域防災力の向上に継続的に協力します。
CIMG1458



















避難所位置社会省現地災対本部会議CIMG1548CIMG1465Activity evaluation missionCIMG1253CIMG1617CIMG1594


caring children program
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ