Mr. Randall Larson, Emergency Communications Expert from the California Fire Chiefs Association has visited fire agencies and other public safety related organizations including an airport security center in Kanto and Kinki areas in Japan. It was to exchange knowledge and wisdoms associated with dealing with disasters and emergency communications in disaster situation.

 

Mr. Larson provided his valuable insights regarding how the Japanese disaster response system works after learning through his visits by comparing to the ones in the United States of America. Mr. Larson has pointed out that what the American EOC does at local level is done at the state government level (prefecture) in Japan. He also discovered that less mobile command and control vehicles are used in the Japanese public safety agencies.

 

10 days stay was not even enough for Mr. Larson to fully convey how the U.S. agencies operate their command and control communication; however, it was certain that both sides had meaningful sessions for the betterment of the future disaster responses.

 

We thank Mr. Larson for his voluntary service to provide us with the U.S. response methods to disasters.




米国カリフォルニア州消防長協会の災害緊急通信体制整備に関する専門家であるラルソン氏は、8月に予定通り来日されました。関東、近畿の消防や防災そして空港保安などを司る機関にて、情報交換を行いました。

これらの活動を通じて明確にされてたことは、
1)日本の県単位にて実施されている災害対策本部機能や活動が、米国では災害現場に近い市町村レベルで開設した災害対策本部にて実施していること。
2)災害対応においては、ほぼ常時incident command system (ICS)がアメリカでは運用されていること。
3)アメリカでは、市町村レベルの災害対策本部機能を保持するため、指揮、作戦、通信を災害現場に近い場所で可能とする特殊機動車両の運用が推奨されていること。
などでした。

文化や行政体制においても日米には違いがあるものの、各国で実施されている災害対応体系を相互にて学び、より良い体制づくりの一助になったと思います。

ラルソン氏からは、日本のテクノロジーの高度化や鉄道などが時間通りに運用されていたことを実際に体感し、日本の素晴らしさを感じたようです。また、日本の消防機関が運用する車両が、常時新車と同等なる状態にしてあったことに対し深く感銘され、「消防官が市民のヒーローになる前提条件は、資機材を常に整備、準備し使える状態に保持しておくことである」と頻繁に発言していました。

同氏の情報交換のための機関訪問に対しました、多大なるご協力を頂きました各機関の担当官様に心から感謝申し上げます。

CIMG0235























CIMG9815























CIMG9793























CIMG0457